醤油(しょうゆ)の通販は日本一しょうゆの岡直三郎商店へ

日本一醤油 岡直三郎商店

 

営業日カレンダー 岡直三郎商店営業日カレンダーです。社員一同ご来店お待ちしております。

※醤油料理天忠は年中無休で営業致しております。
(年末年始の日はお休みさせて頂きます)

【WEBショップの対応について】
WEBショップのメール・電話対応、配送につきましては土・日・祝はお休みさせて頂きます。
フリーダイヤル
0120-50-7036

受付時間 9:00〜17:00

岡直三郎商店 年表

◆明和年間(1764〜1772年)

岡仁右衛門を開祖とする初代・岡忠兵衛が、上野国綱取(群馬県伊勢崎市)にて醸酒業を興す。
数年して下野国安蘇郡山形(栃木県佐野市)に移り、さらに数年して犬伏(栃木県佐野市)にて醸酒・売薬を業とした。(屋号「和泉屋」)

◆天明7年(1787年)

初代・岡忠兵衛 上野国山田郡大間々(群馬県みどり市)にて、醤油醸造・穀物・荒物・薬販売業を始める。(屋号「河内屋」)
旗印として掲げた「ヒシク」は、本家である岡九衛門に由来する。

◆文化8年(1811年)

二代目・岡忠兵衛が当主となる。
文政6年(1823年)11月 光明寺『地獄変相図』全10巻の寄付者に名を連ねる。

◆天保5年(1834年)

三代目・岡忠兵衛が当主となる。

◆安政3年(1856年)

三代目・岡忠兵衛、伊勢の国松坂黒部村(三重県松坂市)に造酒店「岡屋」を開店(明治10年<1877年>頃に廃業)。
海運業兼業。船舶数艇を有し、松坂を出船して関西から関東に輸送。(後年、暴風に遭い難船にて廃業)。

◆安政7年(1860年)3月

類焼者へ救米として白米15俵を施す。

◆文久元年(1861年)3月

貧民助成として白米20俵を施す。

◆明治4年(1871年)

醤油仕込高110石(約2万7500リットル)に。

◆明治6年(1873年)

四代目・岡宗一郎が当主となる。和泉屋閉店 (明治6年<1873年>頃)。

◆明治11年(1878年)

醤油仕込高607石(約15万1000リットル)に。

◆明治18年(1885年)

松方デフレ期の販売不振で400石(約10万リットル)以下まで減少。

◆明治20年(1887年)4月

大間々の火災被災者に義援金10円を寄付する。

◆明治21年(1888年)

株式会社大間々銀行第6回株主姓名表に岡宗一郎の名が記載される。

◆明治22年(1889年)

回復基調。醤油仕込高1000石(約25万リットル)を超える。

◆明治24〜28年(1891〜1895年)

四代目・岡宗一郎が鎌掛村の第二代村長になる。

◆明治28年(1895年)

大間々で大火。消火用水源が枯渇し、仕込中の 醤油1万3000リットルで鎮火させた。
大間々の火災被災者に義援金50円を寄付する。

◆明治29年(1896年)

高崎市常盤町に2000余坪を購入。醤油醸造工場を建設。

◆明治30年(1897年)2月15日

四代目・岡宗一郎、高崎店開店。(群馬県高崎市常盤町、醤油醸造工場)
現在は別法人(岡醤油醸造株式会社、醤油醸造と販売)。

◆明治36年(1903年)

五代目・岡宗一郎が当主となる。

◆明治37年(1904年)

醤油醸造高の査定石数全国19位となる。

◆明治44年(1911年)

愛知県で開かれた全国味噌醤油品評会で金牌を受賞する。

◆大正3年(1914年)

醤油醸造高の査定石数全国12位となる。
同年12月、高崎信用組合設立時の発起賛成者となる。

◆大正8年(1919年)

五代目・岡宗一郎、南多摩郡原町田に第三工場開業。(河内屋)
現在の小田急線町田駅東口側に約6000平方メートルの醤油工場を設立。生産拡大を図る。

◆大正12年(1923年)

仕込高最盛期。大間々3000石(約75万リットル)、高崎 1700石(約42万5000リットル)、町田1500石(約37万5000リットル)。

◆大正14年(1925年)

五代目・岡宗一郎、三重県玉城町田丸に醤油醸造業支店を開店(昭和30年代に暖簾分け、現在 は廃業)。

◆昭和3年(1928年)

高崎店を「岡直三郎商店」に店名変更。

◆昭和15年(1940年)

六代目・岡直三郎が当主となる。

◆昭和25年(1950年)

六代目・岡直三郎、株式会社に組織変更する。(株式会社岡直三郎商店)

◆昭和28年(1953年)

七代目・岡忠直が当主となる。
高崎店(岡直三郎商店)を、岡醤油醸造株式会社に組織変更。

◆昭和30年(1955年)

七代目・岡忠直、町田駅前開発のため、本社工場を森野に移転。

◆昭和45年(1970年)

群馬県大間々工場を子会社化し、一括生産工場とする。

◆昭和46年(1971年)

岡家の本居を滋賀県から東京都町田市に移す。

◆平成6年(1994年)

町田合同庁舎の誘致に伴い、現在の旭町に本社移転。

◆平成11年(1999年)

大間々工場でHACCP導入を構想。

◆平成12年(2000年)

八代目・岡資治が当主となる。

◆平成12年(2000年)3月

食品の製造過程の管理の高度化計画の認定を受け、HACCP導入企業となる。(認定第一号)
ホームページ開設。通信販売開始。

◆平成15年(2003年)

楽天市場店舗『日本一醤油』オープン。

◆平成16年(2004年)

八代目・岡資治「創作料理店 天忠」をオープン。

◆平成20年(2008年)

有機JAS認定工場を取得
「醤油料理 天忠」を4月にリニューアルオープン。

◆平成23年(2011年)

町田本社に「きおけショップ桶忠(おけちゅう)」 をオープン。

◆平成24年(2012年)

大間々工場の観光蔵を整備し、店舗リニューアルオープン。

◆平成25年(2013年)

大間々工場店舗兼主屋と文庫蔵が、国の登録有形文化財(建造物)に登録となる。
登録記念として特別限定醸造たまり醤油「喜氣如醸(ききかもすがごとし)」発売。

◆平成26年(2014年)

「醤油料理 天忠」10周年記念『感謝の夕べ』開催。

◆平成29年(2017年)4月

大間々工場をリニューアルオープン。

▲ページトップへ

インフォメーション

■ 送料・手数料について ■

オンラインショッピング、及び申し込み直後にお客様に自動配信される[ご注文確認メール]に記載されている金額には、送料及び代引き手数料は含まれておりません。お支払いの際には商品代金の他に、送料・手数料が別途加算されます。

これらの総合金額につきましては岡直三郎商店よりお送りする正式な受注確認メールにて請求させて頂きますが、予め下記の料金表にてご確認下さい。

お届け地域によって
異なります。
詳細はこちら
お買い上げ金額7,000円(税抜)で 送料無料

代引き手数料

10,000円未満 300円(税抜)
30,000円未満 400円(税抜)
100,000円未満 600(税抜)

■ お支払いについて ■

お支払い方法は、

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • 銀行振込

のいずれかよりお選び下さい。

詳しくは、お支払方法の項をご覧下さい。

送料・代引き手数料を含む総請求額につきましては、折り返し岡直三郎商店よりメールにてお知らせいたします。

■ 商品の発送について ■

  • ご入金確認後、在庫のある商品は2-3営業日内にご発送させていただきます。
  • 商品お引き渡しの時期は、こちらで受注確認後約1週間です。
  • 在庫のない商品につきまして、基本的に入荷次第の発送となりますが、予め受注確認の際にその旨をご連絡いたします。
  • 土日、祭日の定休日、及び夏期・冬期休業日にご注文頂いた場合は、受注確認や発送業務が翌営業日に繰り越されます。このため商品のお引き渡し日にも遅れが生じることがございますが、予めご了承くださるようお願いいたします。(営業日カレンダーをご確認下さい。)

■ 返品について ■

  • 破損・汚れ等、当社責任による不具合が生じた場合、交換または返品いたします。この場合、送料着払いにて岡三郎商店まで送って頂きます様お願いいたします。
  • お客様のご都合で返品をご希望の場合は、商品の性質上、商品到着後1週間以内で、未開封のものに限り返品を受け付けさせて頂きます。1週間以内にお電話にてご連絡下さい。ただし、この場合の送料はお客様の負担とさせて頂きます。予めご了承下さい。

■ 連絡先 ■

株式会社 岡直三郎商店
所在地:東京都町田市旭町1-23-21
電話:042-722-2024 FAX:042-722-2270
フリーダイヤル:0120-50-7036
大間々工場:群馬県みどり市大間々町大間々1012
E-mail:info@nihonichi-shoyu.co.jp
お問合せはこちら

※誠に勝手ではありますが、土日・祭日は店舗休業日とさせて頂いております。これら休業日に頂いたご注文ご連絡に関しましては、翌営業日に繰り越させて頂きます。予めご了承下さる様お願い申し上げます。
(営業日カレンダーをご確認下さい。)